川越駅直結の整形外科

スポーツメディカルチェック・トレーニング

高校生を対象にメディカルチェックやトレーニングを行っております。

休診日/月曜日・火曜日、木曜日〜日曜日・祝祭日

理学療法士

瀧嶋 亮太

担当 : サッカー

経歴


高校サッカー 県ベスト8
高校サッカー部コーチ
兼トレーナー(2011年~)

理学療法士

杉本 聖那

担当 : 野球、ソフトボール

経歴


高校野球 県ベスト8
高校ソフトボール部コーチ
兼トレーナー(2015〜)

身体のコンディショニングを行いたい、
メディカルチェックを受けたいなど、
お気軽にご相談ください。

整形外科のサポートにより安全で効果的なトレーニングを行うことができます
スポーツ選手が競技でケガなく最高のパフォーマンスができるように、ケガを起こしやすい動作や身体になっていないかチェックし、フィジカル向上の為のプログラムとケガをお持ちの方へのスポーツ外傷のケア(投球障害肩、ジャンパー膝、肉離れなど、様々な障害にあわせたストレッチ、トレーニング方法、フォームなどの指導)を、理学療法士が行っております。
野球、サッカーに対応しています。指導者の方向けに体の休め方の指導も行います。

・パフォーマンスの向上を目指す方
・ケガの予防や治療をしたい方
・スポーツ障害、ケガから復帰したい方
・体の状態を確認したい方

足関節・膝関節などの靭帯損傷、野球肘・肩など、各疾患・スポーツ別に運動器リハビリやスポーツトレーニングを行います。
当クリニックでは、様々なスポーツで生じる身体の故障について、運動内容や外傷・障害の特殊性などを理解した上で、適切な診断や治療、運動器リハビリテーションを行い、早期の現場復帰への支援を致します。

スケジュール

3ヵ月/1クール × 年4回

問 診

現在の問題点(痛む部位)、過去の傷害歴、スポーツ歴(競技レベル、練習時間、ポジションなどを含む)や治療歴(手術など)、現在のポジション、過去のスポーツ歴、利き手(利き足)などを問診します。

メディカルチェック

問診をもとに筋のタイトネス(身体の硬さ)や関節弛緩性(軟らかすぎるか)、関節可動域、圧痛点の有無、筋力などをチェックします。
必要な方には超音波エコーを用いて、レントゲンでは見えない筋肉、靭帯、血管などをその場でチェックします。

エクササイズ

ストレッチ(可動域)、トレーニング(筋力)、競技特性(動作)を時期に合わせて行います。
また、テーピング、バンテージの巻き方も指導いたします。

トレーニング設備

ストレッチポール

胸椎の伸展による胸郭の可動性向上や仙骨の後傾を促し、骨盤を緩みの位置に誘導します。
通常ではストレッチしにくい体幹部をこれまでにない感覚で伸ばすことができます。

セラバンド

ラバー素材の伸縮自在なエクササイズバンドです。
体格、鍛えたい部位に応じて、自由に切って使用することができます。強さに応じてレベルに合ったトレーニングを実践することができ、インナーマッスルやアウターマッスルを効果的に鍛えることができます。


その他 多数の設備がございます。