川越駅直結の整形外科

当院のとくちょう

当院では坐骨神経痛に効果のある神経根ブロック注射が可能です。腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症などの坐骨神経痛で手術をせずに切らずに治したい方は一度ご相談ください。

 

尚、院長は脊椎脊髄病外科指導医、難病指定医ですので、脊椎の病気でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

当院では、リハビリの専門家(理学療法士)らが、マニュピュレーション(手を使った治療)や行動療法(からだの動かし方の指導など)にて、皆さまのからだの痛みや不具合を治療します。

 

当院では、整形外科超音波エコーを用いて、レントゲンでは見えない筋肉、靭帯、血管などをその場で描出し、痛みの原因を診断します(例えば肩の腱板断裂、足首のねんざなど)。さらに超音波エコーを用いて、首や腰の痛みに対して“筋膜リリース注射”や、上肢や下肢のしびれ、痛みに対して“神経ブロック注射”や、ばね指、テニス肘、アキレス腱炎、足底腱膜炎などへは“腱鞘内注射”を、五十肩や変形性膝関節症などへは“関節内注射”を正確により有効的に施行します。

骨粗しょう症の診断(DXA)

 

当院では、大病院や大学病院で用いられている正確な診断装置を使用しております。骨折することで寿命に影響するといわれる腰椎、股関節(大腿骨頸部)をターゲットに測定しますので “骨折予防で、みなさまの長生き”に寄与します。

当院では、皆さまが末永くお元気でいられるようリハビリの専門家(理学療法士)によるロコモの運動指導に力を入れております。また、年齢や運動不足による患者さまの筋力低下に対しては、電気を用いた最新の筋力増強装置(埼玉県下クリニック初)を導入しておりますので、理学療法士らによるリハビリと合わせてご利用が可能です。

以前は難病と言われていた関節リウマチは、今では早期に適確な診断と治療を行うことで、十分に治療できる病気になりました。当院では、埼玉医大主任教授、織田弘美先生による特別外来(予約)がありますので、関節リウマチ治療でお悩みの方はご相談ください。 また、人工関節をご希望の方は、埼玉医大准教授、田中伸哉先生による特別外来(予約)がありますので、人工関節治療でお悩みの方はご相談ください。

スポーツメディカルチェック・トレーニング
高校野球や高校サッカー、ソフトボールを経験した理学療法士によるスポーツメディカルチェックも行っております。